NFS 日本フレキ産業株式会社

Noritake

MENU

PRODUCTS製品情報

切削水処理用特殊凝集剤
フロッカー

画像:切削水処理用特殊凝集剤 フロッカー

アスファルト・コンクリートの切削水に『フロッカー』を投入し攪拌すると混濁物質が凝集反応を起こし、水と分離されます。また、凝集剤の入った切削水は混濁物質が凝集して、サッと流れますので作業後の処理が簡単にできます。

アスファルト・コンクリートともに、その濃度により凝集剤の量は調整の必要があります。
基本的には、アスファルト原液を2倍に希釈した汚泥水であれば1.5%~2%程度の凝集材で効果はあります。
コンクリート原液を2倍に希釈した汚泥水ならば1%~1.5%の凝集剤で十分です。


 

当然アスファルト・コンクリートともに、原水に含まれる切削汚泥の濃度により希釈水の量が変わります。凝集剤の量は、攪拌した時フロックが出来る量が適正ということですから作業者がそれに応じた量を添加することが大切です。

 

凝集剤を含んだ汚泥は水でサッと流れてしまうので、壁・道路・床等を汚しません。清掃が楽 になります。

元請けさんが喜びますから、ユーザーさんのセールスポイントにもなるはずです。

製品カタログダウンロード(PDF形式:173.73KB)

仕様は改良のため予告なく変更することがあります

本ページでは一部資料等をPDF形式で作成しているため、表示や印刷を行うには「Adobe Reader」が必要です。Adobe Readerをお持ちでない場合は、Get Adobe Readerバナーからダウンロードしてください。

Get Adobe Acrobat Reader

PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Reader が必要です。

当ウェブサイトでは、お客さまによりよいサービスをご提供するため、Cookieを使用しています。
Cookieを無効にする方法を含め、当社のCookieの使用については「 個人情報保護方針」をお読みください。

OK